比較的新しい時期に行った横浜のマンション改修

積立余剰金でマンションの価値を高める工事もできた

地震をきっかけに建物の総合診断をする : 長期計画で大規模修繕に向け基金を積み立て : 積立余剰金でマンションの価値を高める工事もできた

またマンション改修会社の当初の見積額よりも、防水工事の部分が安く済むことが判明したために想定以上の余剰金が発生したこともあり、自走式駐車場の白線の引き直しやエレベーターの防犯カメラ更新、エントランスロビーの全面改修と植栽の手直しなど、マンション自体の価値を高めるリフォームにも予算を使うことができました。
これは当初の予定よりもグレードの高いマンション改修を実施できたことになり、結果としてより良い方向に進んだと言えます。
一時期は雨漏りなど資産価値の減少も覚悟した住民一同でしたが、しっかりとした改修工事の実施と快適性を高めるリフォーム工事の追加実施によって、逆に大きく資産価値が高まる結果となったことに満足しています。
最初に相見積もりを撮ったときに、最後まで親身となってマンションの今後について話を聞いてくださり、長期的展望にたったプランニングの提案をしてくれたマンション改修会社には、本当に感謝しきりです。
現在は建築後10年というマンションとしては円熟期を迎えていくことになりますが、15年目や30年目などの大規模な工事も、是非お願いしたいと管理組合でも考えております。

マンション改修 横浜 / 横浜塗装工業株式会社